ANA修行のルール変更に辟易している方へ…JAL「搭乗回数」修行が面白いですよ!

f:id:maple719:20171012155304j:plain

昨日「ANA修行は段々ルールが厳しくなってきたしダイヤモンド修行は断念」…なんていう記事を書きましたが、ボーーっと歩いているときにひらめきました。JALの「搭乗回数」で達成する修行!これこそ、今すべき修行かなと。

特にANA「プラチナ」修行を終えた方で次の目標を考えている方、昨今のANA修行を巡るルールの変更にウンザリしている方、JALに目を向けてみませんか?

私は2016年にJAL「サファイア」を50回搭乗で達成したのですが、そのときのことを思い出しながら、書き進めたいと思います。

JAL「回数」修行とは?

ANAで上級会員を目指すとき、方法はひとつ。目指すステイタスに応じたプレミアムポイント(PP)をひたすら貯めることです。

JALの上級会員になるには、方法は二つあります。ANAのPPにあたる、FLY ON POINT(FOP)を貯めることと、必要な搭乗回数を達成することです。各ステイタスに応じた達成までの条件はこのようになっています↓

ダイヤモンド 年間10万FOP または120回搭乗

プレミア   年間8万FOP または80回搭乗(※かつJCG会員)

サファイア  年間5万FOP または50回搭乗

クリスタル  年間3万FOP または30回搭乗

今回は、この「搭乗回数」を重ねる方法での修行をオススメしたいと思っています。

今JAL「回数搭乗」を推す最大のワケ

昨今、マイルやポイント換算、航空券の予約方法などが変更され、修行をとりまく環境が厳しくなってきています。特に、国際線乗り継ぎの国内線運賃で獲得できるマイル/ポイントがガクンと減る流れは止まらないと思われます。

ANAは2018年10月から国際線乗り継ぎの国内線運賃がで獲得できるマイル/PPが最低30%にまで縮小されることを発表しています。(JALも遅かれ早かれこの流れに追随するのではと言われています)

…国際線修行において、これまで定番となっていたルート(羽田ー那覇ーシンガポールー那覇ー羽田など)に全く旨みがなくなるなります。

こうなると、国際線で効率よくポイントを稼げるルートは実質的にプレミアムエコノミークラス以上の「よい席」で単純往復です。(海外発券を組み合わせない限りは)規定に応じて現地宿泊が必要となりますので、普通の旅行ですね。ルートを組み上げる楽しみはなくなってしまいます…。

国内線に目を向けますと…こちらは従来からANAプレミアムクラスなど上級クラスを利用して単純往復する、という方法が効率でよく修行ができる路線となっていますが、この予約方法について制限が出てきていたり(ANAでは2017年秋から上級会員の優先予約がなくなっています)、ANAプレミアムクラスに関しては、今後は価格変動を少なくする方針を打ち出しているようです。

例えば、2017年1月の羽田=宮古島線プレミアムクラスの最安値はは21390円でしたが、2018年1月の同最安値は26990円…。また、今年は成田発着国内線でビックリするような安値路線が出ていたのですが、最近は全くみつかりません…。

修行環境が大きく変わってきて、面白み、旨みがなくなってきてしまいました。

そこで、JALの「搭乗回数」を重ねる修行です!単に50回、100回、必要な回数乗ればいいだけです!効率?そんなものは計算する必要ありません。単に「出来るだけ安い路線」を血眼になって探し、何回も乗るだけです。

JALの搭乗回数での修行なら、数年前と比べても、修行をとりまく環境は変わっていません

ANA「プラチナ(SFC)」の方、かつJALの上級会員ではない方

私はJAL修行のあと、ANA「プラチナ」を目指し、今年春に修行を終えました。なんか…燃え尽き症候群です。

ANA「プラチナ」修行をされた方、同じような気持ちの方いらっしゃるのではないでしょうか。修行はちょっとバカバカしいけど、ゲーム感覚で楽しく、ハマってしまう方、多いと思います。そのままダイヤモンドメンバーを目指す方も多いと思いますが、

*今後「自腹で」修行をする方

*ANAダイヤモンドメンバーを目指すか考え中の方

*ANAに強い拘りがない方

*たまにはJALも使う方

…JALの「サファイア」を目指すのはどうでしょう?サファイアを取得すれば(指定のクレジットカードに加入すれば)JGCに入れますのでサファイア相当の特典を半永久的に保持することが可能です。

また、先に記載しましたように修行を取り巻く環境が厳しくなってきていますが、搭乗回数で上級会員を目指すJALの修行はここ数年ずっとルールが変わっていませんので「出遅れ感」がありません

JAL修行をまだしていない方

また、JALでもANAでも修行をしていない方、ANAに注力していてJAL修行を考えたことがない方、そして

*「自腹で」修行をする方

*昨今の修行をとりまくルール変更に辟易してきた方

*たまにはJALも使う方

…気分を変えて、JAL「サファイア」もしくは「ダイヤモンド」を目指してみるのはどうでしょう?

私が50回搭乗を達成した後の感想

「疲れたけど、凄く楽しかった!一生忘れない!」というのが率直な感想です。

短距離路線が必然的にお安いので、沖縄や奄美を拠点に周辺の島間を飛び回っていたのですが、ひとつひとつの島が大変印象深いものとなりました。

久米島、喜界、沖永良部、与論…この辺りの島々が心理的にもぐっと近い存在になりました。

また、皆さんお忙しいので1日に同じような路線を何往復も組み込み、一日中同じ行動を取る方が何人も…最初は気恥ずかしかったのですが、最後には謎の連帯感!

修行らしい修行 ポイントを稼ぐ修行は必然的にぜいたくになる

回数修行はまさに「修行」らしさにあふれています。マイルに応じたポイントを稼ぐ修行方法ですと、必然的に「よい席」に乗ることが多いため、なんだか最初から贅沢なもてなしを受けます。私はANA「プラチナ」修行のとき、そのほとんどを国内線プレミアムクラスで済ませたため、最初から手厚いサービスを受けました。用事もなくただ乗っているだけなのに…申し訳なかったです。

そんな思いばかりして中だるみ感を感じている方には搭乗回数での修行がピッタリです!短距離線を何度も乗ったり降りたり。当然たくさん「搭乗」することが目的なので、贅沢はしません。普通席です。当然疲れも出てきます。でもそれが修行感を醸し、忘れられない思い出となるのです…。

もはや定番?!ヒコーキ乗りまくりのツアーもあります

回数修行も中盤に入ってくるとお得な路線を経験と感覚でババっと探すことができるようになるのですが、最初はどのような路線を選んだらよいのかわかりませんでした。そんなときに知ったのがこちら、JALパックのアイランドホッピングツアー!

www.jal.co.jp

1泊2日もしくあは2泊3日で奄美周辺の島々などを飛びまくります。最大で1日16フライト。修行のスタートダッシュにぴったりでした。

私が参加したときの体験記はコチラにまとめてありますので、よかったらご覧下さい♪

4travel.jp

私がこのツアーに参加したときに驚いたのが、「サファイア」よりも「ダイヤモンド」取得のために利用している方が多かったこと…。自分でいくらでもルートを組むことができるベテランの方々なのになぜ?!と思いましたが、お話を聞いて納得。奄美周辺の島は先得でもお買い得にならないから…とのこと。短距離でお安い路線は大体限られてきてしまうので(那覇周辺、福岡=宮崎あたり)よい気分転換になるようです。

余談ですが、ビックリしたことが…。

奄美大島で15フライト目を終え、羽田に帰ろうとしたときに…ダイヤモンドを目指している参加者の方が一言「じゃあ私は喜界島をもう一往復してきます

私は心底驚きました。羽田に戻る便を遅い便に設定し、ツアーの最終便の前に奄美=喜界を1往復組み込んでいたのです…。というわけで、彼は2泊3日で18フライトされていました!!

さいごに

ANAプラチナ達成の勢いでダイヤモンドを目指そうか?と思いつつ、ルール変更が続いて嫌気がさしていた今日この頃。そんなときJALの搭乗回数での修行を思い出したので、ツラツラと書かせていただきました。もしかしたら、再来年あたり、JALのダイヤモンド修行をするもの一案だな~と思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です