海外でも日本でも使えるSIMカード SIM2Fly を試してみました

クリックすると新しいウィンドウで開きます

海外への旅行が決まると考えるのがスマホなどの通信事情。私はポケットwi-fiにするか、現地SIMを買うかでいつも悩みます。

空港ですぐに現地のSIMカードを買える場合はいいのですが、諸事情によりすぐに購入できない場合はポケットwi-fiが第一の選択肢かと思います。でも重いし手続きが面倒なんですよね…。

そんな矢先、こんなSIMカードを発見。こちらは、韓国 台湾 香港 シンガポール マカオ マレーシア フィリピン インド カンボジア ラオス ミャンマー オーストラリア ネパール 、そして日本で8日間で4GB使えるSIMカードです。

メリットは…

  • 日本で開通することができ、日本でも使える
  • 現地でSIM出し入れをしなくて済む
  • 1日175円程度で高速データ通信が可能 現地SIMよりも割安感がある
  • Amazon.co.jpで気軽に購入できる(1400円程度)

こんなところでしょうか。わたし的にはデメリットはありませんでした。SIMフリーのスマホ本体を持っている方でしたら、何も問題ないと思います。

さっそく、クアラルンプールに5日間旅行した際に使ってみましたので、日本とクアラルンプールでの設定の仕方などをレポートいたします!

まずは日本で落ちついて設定

8日間使えますので、日本でSIMカードを入れて、設定してから出掛けます。

f:id:maple719:20170814221101j:plain

こちらがAamzon.co.jpで購入したSIMカード。マーケットプレイスのワイズソリューションという業者さんから購入。注文の翌々日に普通郵便で到着しました。この、台紙つきのSIMカードとA4ペラ1枚の説明書が送付されてきました。もっと大きなパッケージで送られてくるかと思いきや、あまりのシンプルさに拍子抜け(笑)しかし、説明書は充分丁寧で何も問題ありません。

SIMカードを任意のサイズにする

標準SIMのサイズに見えますが、nanoSIM、miniSIMのサイズになるよう薄く切り込みが入っていますので、手で簡単に好みのサイズにすることができます。私はXpreia Z1fですので、miniSIMのサイズで切り出します。

SIMを入れて、設定をする

設定方法は添付の説明書の通りに設定すればよいのですが、注意する点もありましたので、Android端末の実際の画面を載せながら説明します。

実際の手順です。まずは、

①設定

②その他の設定

③モバイルネットワーク

…と進み、データローミングをONにします。通信事業者は、私の場合検索モードが自動になっていましたので、softbankになりました。どこでもよいのですが、日本でのローミング事業者はsoftbankとのことなので、自動的に切り替わっていない場合はsoftbankに切り替えておきましょう。

④アクセスポイント名

…ここまでポチポチとタッチしながら進みます。アクセスポイント名をタッチすると…こんな画面になります。

f:id:maple719:20170814221829p:plain

文系のワタシはギョっとしてしまいました…。しかしながら、落ち着いて上の+をタッチして下さい。

⑤アクセスポイントの編集

こんな画面に切り替わります。ここで説明書にある通りに各種設定をします。

名前:AIS(何でもいいと思いますが、一応コレにしておきましょう)

APN:internet

認証タイプ:CHAP

設定事項はこれだけです。ほかのところは空欄にしておきましょう。

⑥設定を保存

上記設定をしたら、右上の点が3つあるところをタッチ。「保存」を選択。

⑦アクセスポイント名をタッチしてこの画面が出ていれば、設定完了です。

設定したのに…つながらないorz…

アクティベートしました!という旨の英語のSMSが着ました。しかしインターネットに繋がっていない…。なぜ?!せっかく1400円だして買ったのに…使えないなんて…。自分を責め始めようとしたら開通しました。2,3分待つと繋がりますので、焦らずに!

日本での設定はここまでです。出発までそのまま使いましょう。

クアラルンプールに着きました、設定は…ナシ!!

クアラルンプール到着後、何か軽く設定する事項があるのかな?と思いきや…何も設定せずに、すぐに使用できました。

接続できない場合は、おそらく「データローミング」の設定がONになっていないのが原因だと思います。

今回の旅行は5日間。4GBはは充分すぎるほどした。現地で日中2日間google mapのナビを(オンラインで)ONにしっぱなしでしたが、帰国時に残量は半分以上ありました。

日本に帰国後、2日くらいして「top upしますか?」というSMSが来ました。8日間限定SIMという商品ではありますが、さらにチャージすれば使用できるようです。

というわけで、このSIMカードはリピート決定です。現地でSIMを買う理由がなくなってしまうくらい便利かつ簡単設定でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です