スマホの電池交換をしました XperiaZ1f/XperiaZ1compact/SO-02F

f:id:maple719:20170804202831p:plain

旅先でいちばん使うものは…やっぱりスマホ。旅先で使えなくなった!なんて悲劇を避けるためにも、ベストの状態で持っていきたいところですね。

私のスマホはSIMフリーのXperiaZ1f(compact,SO-02Fともに販売元が違うだけで、基本的に同機種です)。特に不具合はないのですが、1~2年で電池がダメになります。ところがXperiaZ1fの電池は使用者が交換できない仕様になっていますので、基本的に使用者が内部をいじくるようには出来ていません。

電池がダメになっただけで他は全然問題ないのに…買い替えるなんてモッタイナイ!と思い、アレコレ調べて自分で電池交換しました。コツはいりますが、とっても簡単。文系出身アラフォーおばさんでも簡単にできました。

この度2回目の電池交換をしましたので、備忘録も兼ねて記事にしたいと思います。

電池交換のサイン

  1. やたらと発熱しやすくなる
  2. バックライトが突然落ちることが多くなる
  3. 電源が突然落ちることが多くなる
  4. 充電の減りが異常に早い
  5. 充電してもすぐに充電表示が0%に近くになり、電源が落ちる

昨年、一回目に電池交換したときは、丸二年使用、5の症状まで進んでいました。内部を開けてみると、電池はパンパンにふくらんだ状態…末期症状でした。

今回は一年間の使用で、1の症状が出ています。おそらくもうちょっと使える状態かと思いますが、もうすぐ旅に出るため今のうちに交換することにしました。

交換する前に、揃えるもの

替えの電池本体

Amazonで購入できます。私は二回ともこちらで購入しました。マーケットプレイスからの出品ですが、とてもきちんとした業者さんで発送手配も迅速、商品も確かなものでした。

工具

慣れれば小さ目のプラスドライバーだけでOKです。慣れないうちは裏板を外すためのヘラがあると捗ります。こちらもAmazonで販売されています。吸盤がついているもの、ギターのピックのようなものはスマホの裏カバーをはがすときに便利です。(私は使いませんでしたが…)

その他あると便利なもの

裏カバーは両面テープのようなもので貼り付けられています。初めて知ったときは衝撃的でしたが、ねじ穴ひとつない外観をですし、当たり前か…。両面テープのようなものの粘着力が強力なので、熱を加えながら外すためにドライヤーがあると便利です。

また、はがしながら裏カバーを壊してしまう方も多いようで、こんなような別売りの背面カバーもAmazonで売られています。

裏カバーの両面テープの粘着力がなくなってしまった場合は、交換用のテープも売っています。

それでは実際に電池交換をしましょう!

まずは裏カバーを外します

初めて電池交換される方は、ここでかなり神経を使うと思います。まずは裏カバーの周りをドライヤーで温めましょう。あまり近づけると躯体を傷つけますので、10cm~20cmくらい離して、周りだけ(周りだけに両面テープがついています)をじんわり温めて行きます。

上部のへっこみにヘラ、もしくは下敷きや爪楊枝ひっかけて、メリメリとはがしていきます。私は爪をひっかけて強引にはがしましたが、爪を痛めそうな感じもするので、注意してください。はじめてカバーを開けるときはけっこう力がいります。

f:id:maple719:20170817161142j:plainf:id:maple719:20170817161221j:plain

裏ぶたをつけていた両面テープは上手にはがせば再利用できますので、できるだけゆっくり丁寧にはがしましょう(私は2回裏ぶたをはがしていますが、再利用できています)

フェリカシールを外す

オサイフケータイを使っている人は、電池交換後もフェリカを有効にするために移植作業が必要です。電池に着いている黒いシールをヌメーっとはがしていきます。回路?を傷つけないように、ゆっくり焦らずはがしましょう。

f:id:maple719:20170817161728j:plain

古い電池を外す

2工程です。まずは①ねじをはずします。ねじは一つだけです。小さ目のプラスドライバーで左上のねじをはずします。(眼鏡の修理に使うような小さいものでなくても大丈夫です。私は全長10cmくらいのドライバーが手元にあったのでそれでやりましたが、全然いけました)

f:id:maple719:20170817162005j:plain

そして、②下の端子を外します。上からかぶさっているような感じで接続されているので、かぶさっている部分を先の細いもの(私は指でとれましたが、マイナスドライバーでもいいと思います)でヒョイと持ち上げて外します。

f:id:maple719:20170817162100j:plain

あとは、マイナスドライバーで隙間から持ち上げるようにして電池本体を浮かせると外れます。

新しい電池を装着する

こちらもおなじく2工程。①端子を接続します。リボン状の端子を接続部分に上か噛ませるようにして嵌め込みます。

f:id:maple719:20170817162506j:plain

特にカチッという音はしないので、端子の形状をよくみて、嵌め込みます。…が、感触頼りなのでここで電源を入れてみましょう。ねじを締めてフタをしてから電源が入らない!という事態を避けるために、ここでいったん電源をいれて確認します。

f:id:maple719:20170817162550j:plain

無事電源が入ったことを確認したら電源を切り、先ほど外した②左上のねじを締めます。

フェリカシールを新しい電池に貼る

新しい電池にシールを移植します。まずは、接触する部分を合わせましょう。ここがキモです。ここさえきちんと接触させれば、あとの部分はテキトーで大丈夫です。

f:id:maple719:20170817162918j:plain

f:id:maple719:20170817162958j:plain

緑で囲んだ部分同士がぴったり当たるようにしておきましょう。

裏フタを閉じる

両面テープがまた使えそうなら、そのままカバーをかぶせます。使えなさそう…という感じでしたら、新しいもの付け替えて裏ぶたを貼ってください。

f:id:maple719:20170817163255j:plain

電源を入れて、無事起動できれば成功です!

f:id:maple719:20170817163342j:plain

裏カバーを再度はりつける前にテストしているので不安はありませんでしたが、スマホが生まれ変わったようで嬉しいです。元々の電池には55%の充電がありました。

これで旅先でも安心して使えます。私はスマホを酷使しているので、来年もバッテリーの交換をしつつ今のスマホを大事に使いたいと思っています。

※この機種は所有者が電池交換するように作られてはいませんので、ご自身で電池交換される際は自己責任でお願いします。また、電波法や技適の諸項目に抵触することがないようご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です