【ANA修行】SFCカードへの切り替えとラウンジカードの申請をしました

f:id:maple719:20170625154838j:plain

5/31に50000PPを達成し、スーパーフライヤーズカード(SFCカード)に入会できる条件が整いましたので、SFCカードへの切り替え申請をしました。元々SFCカードに切り替える前提でANAワイドゴールドカードを持っていたので、手続きは簡単です。修行をされている方は、この流れを辿る方がいちばん多いのではないでしょうか。

 同ブランドのSFCカードへの切り替え方法

プラチナカードが送られてくるタイミングでSFCカード入会の案内が送られてきますが、最短でSFCカードを手に入れたい方は、いわゆる「ワープ申請」をしましょう。

同ブランドのSFCカードへの切り替えはWebでは受け付けていないので、電話で申し込みます。プレミアムメンバー専用デスクの電話番号が使えます。公式HPにログインし、オレンジ色のボタン「マイメニュー」に入り、紺色のボタン「プレミアムメンバー専用デスク」の欄にいくと電話番号が書いてあります。(以下ANA公式HPより)

 ●現在ANAカード(※)をお持ちで、同じブランドのスーパーフライヤーズカードへの切り替えをご希望の方(例:JCB→JCB)

切り替えの専用用紙をお送りしますので、プレミアムメンバー専用デスクまたは

ANAカードデスクへお電話にてご請求ください。
<ANAウェブサイトやクレジットカード会社のオンラインではスーパーフライヤーズカードへ切り替えできません。>

SFCカード申請から到着まで 時系列で

私がプラチナに到達してから、カード発行までの流れはこんな感じでした。

  • 5/31 50000PP、プラチナ達成(その日のうちは、HPの画面に変化なし)
  • 6/1  マイルとプレミアムポイントのみ反映され、表示は「ブロンズ」のまま
  • 6/2   HPに「プラチナ」が表示される(切り替え手続きはこの日から可能に)
  • 6/2   ANAプラチナデスクに電話をし、SFCカード入会のための書類送付を依頼
  • 6/6  SFCカード入会のための書類到着
  • 6/7  書類を投函
  • 6/12 プラチナカード到着
  • 6/21 三井住友カードより、SFCカード到着

申込用紙の投函から到着まで2週間でした(三井住友カードに急ぎで発行欲しいとの旨を伝えると、若干発行が早まります)

切り替え手続きは簡単、審査は無し

私は、修行する前からSFCカードに入会すること見越して、ANAワイドゴールドカードに入っていました。同種同格へのSFCカードに切り替える場合、よほどのことがない限り審査はありません。

これから修行を検討されている方は、まずはANAワイドゴールドへの加入をして下さい。修行でプラチナに達成しても、SFCカードの審査に通らなければ努力が水の泡です…。

毎年修行をしてプラチナやダイヤモンドを継続するんだ、という方はクレジットカードに拘らなくてもいいのかもしれませんが、マイルのたまり方や、マイルからスカイコインへの変換比率が有利ですので、やっぱりANAワイドゴールドカード以上へのカード加入はしておいたほうがよいでしょう。

SFCカード概要についてはANA公式HPをご覧下さい。

スーパーフライヤーズカード|プレミアムメンバーサービス|ANAマイレージクラブ

海外のラウンジ利用時は、ステイタスカードを携帯しましょう

SFCカードを手に入れたら、スターアライアンスゴールドのステイタスも同時に得られますので、SFCカードを提示すれば系列の航空会社のラウンジに入れます。ところが、稀に「これはクレジットカードだ、ここはクレジットカードラウンジでなない」断られてしまうケースがあるようです。ラウンジの受付の方が勘違いしているだけなのですが…。

プラチナ以上のステイタスカードはラウンジカードとしての機能もありますので、海外のラウンジを利用する際は必ず持っていってください。

f:id:maple719:20170625145927j:plain

このカードは50000PP達成の12日後に自動的に郵送されてきました。

 家族カードのラウンジカードの申請も忘れずに

プラチナ以上のステイタス保持者は、そのステイタスのカードを提示すればOKです。しかし、家族カードを発行している方は、もうひとつ忘れてはいけないことがあります。それは、家族会員のスーパーフライヤーズラウンジカード(SFCラウンジカード)の申請です。

家族会員は「SFC会員」…いわゆる平会員ですので、ステイタスカードはありません。そこで、家族会員用には「スーパーフライヤーズラウンジカード」の申請をオススメします。 申請後10日ほどで送られてきます。

f:id:maple719:20170625151339p:plain

もちろん、このカードがなくても国内外の提携ラウンジには入れるのですが、前にも書いたように、海外の航空会社のラウンジではどうも勘違いが多発しているようで…ご家族に不都合が生じないように、海外に行く予定のある方は持っていたようがよいでしょう。

なお、SFCカード保持かつプラチナなどステイタス保持者が翌年以降ステイタスを継続しない場合、こちらのSFCラウンジカードが自動的に送られてきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です