【2017夏休み~予約編】 ANA ビジネスクラスでクアラルンプールがお得!

f:id:maple719:20170612140754j:plain

そろそろ夏休みの旅行を考えるシーズンになりました。

今回は同行者が8月のお盆あたり、いちばん旅行代金が高額になる時期にしか夏休みが取れないため、”少しでもよい条件で、少しでもお得に”プランを立てるのに毎年苦戦していました。ところが今年はあっさり良いプランを立てることができました。

今回はANAの「旅作」(予約時点での航空券の空席状況に応じて最も安い航空運賃を適用する価格変動型の旅行商品で、フライトとホテルをセットにするプランです)を利用しました。

一人旅のときは航空券とホテルを別々に取ることが多いのですが、2名以上での旅行で2名以上1室を選択する場合は、「旅作」がオススメです。今回はクアラルンプールへの旅がとってもお得に、しかもちょっとゴージャス♪な条件で取れましたので、予約までのアレコレをご紹介したいと思います。

2017年夏はクアラルンプールで決まり!まずはプランの概要を

まずは、私がANA「旅作」予約した旅の概要です。

コース名 : クアラルンプール羽田発ビジネスクラス 3泊5日

期間2017年8月5日~9日 
商品種別 : 旅作 人数: 大人  2 名  
基本ツアー代金    147,500円+空港諸税等4,500円
一人あたり152000円×2名=304,000円

《フライト》
08/06 NH885  23:30  東京(羽田)  発 
08/07            06:00  クアラルンプール  着
08/9  NH886  14:15  クアラルンプール  発
                        22:15  東京(羽田)  着
《ホテル》
リッツ・カールトン・クアラルンプール
部屋タイプ    クラブデラックス  朝食付き
チェックイン日      2017 年 08 月 06 日
チェックアウト日    2017 年 08 月 9 日
部屋数              2名1室  X 1 部屋
宿泊数              3 泊

お盆のビジネスクラスに10万円台前半で乗れます

なお、同じ「旅作」で同条件、フライトの部分だけエコノミークラスを選択した場合、基本ツアー代金は122,100円。私は当初、こちらの代金で申し込んでいたのですが、わずか25,400円をプラスするだけでビジネスクラスに乗れてしまうことに気づきました。これはもうビジネスクラスプランのほうが断然お買い得でしょう。

しかもリッツに3泊、クラブアクセス付き

ビジネスクラスを利用するなら、ホテルはソコソコのグレードにしておこう…と思っていたのですが、旅作はホテルも激安でした。リッツカールトン、しかもクラブアクセスの付いた「クラブデラックス」を選択しても一人147,500円で済みました。

クアラルンプールのリッツカールトンは世界で一番お得なリッツでありながら、リッツならではのおもてなしの精神はしっかりしているというレビューが多く、これは行ってみなければ!と思いました。

航空券のセールと連動、旅作のほうが条件がフレキシブル

どこでもいいから、海外旅行に行きたい。お得な航空券ないかな~?と思ったときによくチェックするのがANA公式HPの「おトクな運賃」のページ。

国際線トップ>ご予約 /旅の計画>Travel Information>おトクな運賃[国際線]
という順番で見て行きますと、今セール中の路線が一目瞭然です。旅作も基本的にこういったセール価格を元に作られているので、お得な路線はほぼ一緒です。
6月11日現在、ザーッと見ていきますと…アメリカ、カナダ方面はセールの設定は無し。ヨーロッパ方面は元々の値段が高いためお得感がない…。セール価格が頻繁に出る中国・台湾・香港・韓国方面はエコノミークラスのみですが、お得な価格がチラホラ。東南アジア方面をみると…※ANA公式HPより
f:id:maple719:20170612123501p:plain

…ありました。唯一ビジネスクラスのセールが出ているのがクアラルンプール。最低価格は124.000円でした。通常の約半額でビジネスクラスに乗れてしまいます。

セール価格の運賃は条件がウルサイ

セール価格はとてもお得なのでこれにホテルをつけて旅を組み込みたいところですが、ホテルとセットになって販売される「旅作」のほうが全体の旅行費用がお安くなることが多いです。そして、条件がフレキシブルになることが場合が多いです。

現在セール価格で販売されている東京=クアラルンプール(ビジネスクラス)の条件を見てみましょう。※ANA公式HPより

ご予約・航空券のご購入

※ご購入時に旅行全体のご予約は確定済みであることが必要です

<ご予約期限>
・日本出発の28日前まで
<ご購入期限>(下記のいずれか早い期限)
・ご予約完了後3日以内
・日本出発の28日前まで
<空席待ち>
・ANAグループ運航国際線:不可
・ANAグループ運航国際線以外:予約作成後、上記で定める
ご購入期限までお預かりします
・空席待ちを含む予約は、お預かり期限を過ぎますと、ご用意できている
便も含め、全旅程が自動的にお取り消しとなります

旅行パターン

ビジネスクラス往復旅行、周回旅行、オープンジョー旅行

必要旅行日数

2日(土曜日の滞在を含む)

最長滞在日数

14日

乗り換え

◇日本国内 往路・復路各1回可
◇アジア内
<タイ行き>バンコクにて往路・復路各1回可
<マレーシア行き>クアラルンプールにて往路・復路各1回可

途中降機

アジア内上記乗り換え地点で1回につき7,000円で往路・復路各1回可

経路規定

◇日本国内区間はANA便利用に限る。ただし、日本国内都市間の
地上移動は不可

◇日本発着国際線区間は

<タイ行き>
ANA805/806/807/808便に限る
<マレーシア行き>
ANA815/816/885/886便に限る

その他の区間はANAのコードシェア便または下記の航空会社の当該航空会社便名利用に限る

<タイ行き>
タイ国際航空、バンコクエアウェイズ
<マレーシア行き>
マレーシア航空

予約変更/払い戻し

■予約変更 不可

■払い戻し 不可

子供割引

お得な分、条件が多くなっています。特に、土曜現地滞在が条件ということでお盆休みが「一週間+土日」、という方は少しキツ目の旅行スケジュールとなってしまいます。

「旅作」ならば土曜滞在以外にも最低価格での設定アリ

仮に、2017年8月をの設定を見てみます。いちばん安いホテル(2名1室・3泊)を指定して羽田=クアラルンプールのビジネスクラスを選択すると…最低価格は106,200円。火、土、日曜日にこの価格での設定があります。月曜日にも1万円高くなりますが、最低価格に近い日があります。※ANA公式HP旅作検索画面より

f:id:maple719:20170612132249p:plain

ホテル代が含まれているにも関わらず、セール価格のフライト料金よりも2万円ほど安くなっています。その上、色々な曜日に最低価格が設定されているため、「土曜に現地滞在必須」などという条件は全くなく、比較的自由にスケジュールが組むことができます

お得な旅の探し方「セール価格であたりをつけて→旅作で検索」!

とうわけで、2名以上で旅に出る場合、とにかくお得な旅行プランを組み上げるには

  1. ANA HPでセール価格「おトクな運賃」を調べる
  2. セールになっている路線から行きたい場所をチョイス
  3. ざっくりと、そのセール価格が自分の希望する時期に設定されているか確認
  4. 旅作で検索
  5. 入力した希望出発日に格安の設定日がない場合、ホテルの選択欄にある「前後日をみる」をクリックすると、カレンダー式の価格一覧が出てきます。その中に格安価格で設定されている日があるはず…あとはご自身のスケジュールとの折り合いをつけてください♪

まとめ

ANA修行を経て、旅行プランを練ることに楽しみを見出すようになりました。もちろん、旅そのものも今からものすごく楽しみです!

もしかしたら、クアラルンプールのフライトやホテルの激安っぷりは、テロへの懸念から人気に陰りがでたという理由からなのかもしれません。

しかしテロの危険はどこにでもありますし、普段は治安がよい都市です。近代的で清潔、現地の方も優しい。食べ物も日本人の口に合う。お子様が遊べるプールやウォーターパークなども多いですし、夏場は日本人で大混雑するハワイやグアムよりむしろ寛げるのではないでしょうか?

もちろん、ANA修行に組み込んでも楽しそうです。海外修行組はいわゆる「OKA-SIN」なるシンガポールと沖縄をからませた路線で修行する方が多いですが、最近はお得なクアラルンプール線に目をつけた「クアタッチ」なる修行プランも流行りつつありますね。

それでは、旅行から帰ってきましたら、しっかりレポートをさせて頂きます!

余談

最新版のガイドブックを買おう!と勇んで探してみたところ、「るるぶ」も「まっぷる」も最新版は2015年発行…。ざっと検索したところ、一番新しいものは2016年11月発行の「地球の歩き方」、その次が2016年8月発行の「タビトモ」でした。

※6/17追記

本日「旅作」のページにて同条件で検索したところ、値段がだいぶ値上がりしており、一人10万円近く高くなっていました。やっぱり、旅作の料金は水モノ…。(空席予測と連動して値段がはじき出されるシステムなのです)

そこが旅作で旅を組み上げる醍醐味とも言えるのですが、お得な値段が表示されたら、なるべく早く予約することをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です