【ANA修行】底値?!のプレミアムクラスで1泊宮古~観光編

前回、羽田=宮古タッチの様子を書きましたが、その数日後1月26日に再度宮古島に飛びました。2017年1月は羽田=宮古線のプレミアムクラスが片道21390円。ここ一年での最安価格だと思います。

(今後もおそらく、年末年始を除いた12月~来年1月に同価格帯で発売されるのでは?と思います。今後ANA修行される方も参考になさって下さい)

この月だけで3往復もしましたが、今回は余裕をもって1泊旅行にしました。といっても滞在時間は24時間満たないのですが(ANAは羽田=宮古線が1日1往復のみ)かなり楽しめました。

普通、宮古島に1泊で帰ってきてしまう方はあまりいないと思いますので、ガイドブックを見てもどうも掴みどころがありません…なので、修行僧向けに1泊旅行のヒントを書いてみたいと思います。(詳細な旅行記は後日記載します)

f:id:maple719:20170528171331j:plain

宮古1泊修行の場合は以下のようなフライトスケジュールとなります

  • 1日目 往路 羽田11:45→宮古15:10
  • 2日目 復路 宮古15:50→羽田18:25

利用した便の運賃、獲得PPなどはこちら

☆羽田=宮古島 

プレミアム旅割28 片道運賃21390円 3295 PP 

1PPあたりの単価 6.4円

レンタカーを借りる!ビックリするほど安価です

宮古島は公共交通機関があまり発達していません…バスが一応走っていますが、1日3本…のような路線が多いです…。短時間の滞在を有意義にするためにも、レンタカーを借りましょう。空港周りの道はガラガラ。市街は夕方になると交通量が増えますが、島内はどこも運転しやすいです。そして宮古島はレンタカーが激安です。

1月には宮古島1泊旅行を2回しましたが、いずれも「宮古島観光ツーリスト」さんでレンタカーを借りました。

  • 1回目は軽自動車(三菱 eKワゴン) 24時間 2160円(免責保険付き)
  • 2回目はコンパクトカー(マツダ デミオ) 24時間 2017円(免責保険付き)

1泊といっても到着後から翌日の出発までちょど24時間くらいなので、安く済ますことができます。また、1月はシーズンではないので安い価格設定です。

訪れる島を絞る

宮古島の近隣には橋で繋がっている離島があり、どの島も行きたくなってしまいます。しかし24時間ですべての島を周るのは無理がありますので…

  • 宮古島だけを周る(+来間、池間島)OR
  • 伊良部島をじっくり周る(+下地島)

…どちらかのプランにするとよいと思います。今回は、宮古島(+来間、池間島)だけを周るプランについて書きたいと思います。

シーズンオフの宮古島…観光して楽しい?

はい、ものすごく楽しいです。というか、これから毎年シーズンオフに行きたいくらいです。メリットばかりです。

  • ビーチ、岬な絶景を常に独り占めできる。とっても静か
  • 道路の混雑、駐車場の混雑など全くなし
  • 冬でも南国の花が咲き誇っていて、南国気分が充分味わえる。
  • 避寒できる。肩こりが消える!
  • 飛行機もホテルもレンタカーも、すべて安い!

私の場合、肩こりが嘘のように治ったことが驚きでした。老後の冬季は宮古島ロングステイに決定しました…。

スポンサーリンク

修行は基本一人行う方が多いと思いますので、夏季に宮古島に行くとテンションの高いファミリーの中で完全に浮くと思います…。いや、どうしても泳ぎたいんだ!という方は4月の海開き直後にどうそ!。

宮古島(+来間・池間島)一周プラン

f:id:maple719:20170529103043j:plain

初めて宮古島に訪れる方は、島の距離感がイマイチわからないと思います。ざっくりと言うと「途中少しかけ足をしつつ、一日で一周するのに最適です」。

よって一泊修行の場合は、到着したら南半分、翌日の出発前まで北半分、という感じでドライブしましょう。

ここでは、簡単に訪問したところを列挙します。

【一日目夕方~】

①来間島へ

宮古空港から市街を経て20分くらいでした。離島へは日が落ちる前に行ったほうがいいと思います。来間大橋を使って車でアクセスできますので、すばらしい景色を満喫して下さい。

橋を渡って坂を登ったところにカフェがあり、その先には牛さんやヤギさんがいるくらいで、何~もない島です。

②長間ビーチ

来間大橋の反対側には長間浜というビーチがあり、ここには全く人がいません。透明度もすばらしく、私はせっせときれいなサンゴ探しをしました。

来間島は滞在30分もあれば充分です。さっとみて、来間大橋で宮古島に戻ります。

④シギラリゾート

前浜ビーチ、ドイツ文化村を過ぎるとバブルの時代に作られた巨大リゾートエリア、シギラリゾートが見えてきます。ここで夕食を済ませたり、温浴施設(シギラ黄金温泉)に行ったりするものいいかと思います。

⑤ムイガー断崖

隠れた夕日鑑賞スポットです。ちょうど夕暮れ時でしたので夕日がものすごく美しく見えました。

⑤西平安名崎

ムイガー断崖をのあたりからクルマの数がっぐっと減ります。一本道をひたすら進んだ先が岬になっていますが、360度大パノラマ、しかもこのルートで来ると日没の時刻ですので絶景です。ぜひ行ってみてください。

島の対岸のルートか来た道(こちらのほうが市街に行くには近道です)を戻り、ホテルに向かいます。

【2日目朝~午後14時】

⑥池間大橋、池間島

朝9時ごろチェックアウトをし、一路島の南端にある池間島に向かいます。この島も宮古島と「池間大橋」で繋がっています。途中、パイナガマビーチ、砂山ビーチなどがあります。

⑦ハートロック

池間島の最端の灯台に向かう途中の県道沿いにあります。ビーチから見える岩にハートの形に穴が空いています。NHKの朝ドラのロケ地にもなったようです。

⑧池間湿原

珍しい鳥がピヨピヨと押し寄せていました。

⑨西平安名崎

池間大橋と並行して伸びている岬です。浜は少ないのですが、唖然とするほど美しい磯を見下ろせる遊歩道が整備されています。

⑩あたらす市場

空港近くのJA直営の農産物店です。お土産ものも沢山あります。隣が給油所なので、レンタカーの給油がてら寄るのに最適です。

…2日目は西平安名崎が美しすぎて、かなり時間をすごしてしまいましたが、宮古島をほぼ一周できました。

わずか1泊、24時間滞在でしたが、充分宮古島を満喫できました。修行でもしなければ、もしかしたら来なかったかも…。修行をすると南の島に行く機会が多く、すっかり南の島ファンになりました。(余談ですがダイヤモンド会員を目指す高僧たちに かりゆしスタイルが多いと感じるのは私だけでしょうか…?)

途中、地魚の美味しいお店や宮古そばのお店にも立ち寄りました。ホテルや観光地の紹介も細かくしたいと思いますので、後日旅行記を投稿します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です