【JAL修行】アイランドホッピングツアーが面白い!

f:id:maple719:20170525135628j:plain

2016年6月、JALのマイレージ上級会員の組織であるJAL GLOBAL CLUB(JGC)に加入することを思い立ち、無駄に飛行機に乗りまくるいわゆる「修行」をすることにしました。(JGCとは?こちらをご覧下さい↓)

www.sheepair.com

ひとまず、条件の一つである「50回搭乗」を目指すことに決めましたが、如何せんこの段階では上手にルート選びなどができず、途方にくれていました。

そんな折、JALパックツアーのHPを何となくみていると…Web限定プランとして、ものすごいツアーがあることを発見したのです。

「跳び飛びの旅 小型プロペラ機で奄美群島のアイランドホッピング2日間」

www.jal.co.jp(広告ではありません)

2日間かけて、16フライトします!観光なし、自由時間もほとんどなし。ただただ、ひたすら飛行機に乗りまくります。これはまさに、搭乗回数を稼ぎたい修行僧のための企画としか言いようがありません。初心者ゆえ、修行ルートを考えるのに煮詰まっていたこともあり迷わず参加しました。

旅行記は後述することにして、この旅の概要をざっくりお伝えします。

 スケジュールは?

私は2016年6月7日~6月8日に参加しました。搭乗便は以下です。

  1. 羽田07:03発→伊丹08:35着 JAL0103便
  2. 伊丹09:30発→奄美大島11:53 JAL2465便
  3. 奄美大島13:10発→与論島13:55 JAC3861便
  4. 与論島14:20発→沖永良部島14:55着 JAC3856便
  5. 沖永良部島15:15発→奄美大島15:15着 JAC3850便
  6. 奄美大島16:15発→喜界島15:50 JAC3835便
  7. 喜界島17:00発→鹿児島18:10着 JAC3784便 ~かごしま空港ホテル泊~
  8. 鹿児島09:00発→喜界島10:20着 JAC3781便
  9. 喜界島10:45発→奄美大島11:05 JAC3830便
  10. 奄美大島11:30発→喜界島11:50着 JAC3831便
  11. 喜界島12:15発→奄美大島12:35着 JAC3832便
  12. 奄美大島13:10発→沖永良部島13:50着 JAC3851便
  13. 沖永良部島14:20発→与論島14:45着 JAC3855便
  14. 与論島15:10発→奄美大島15:50着 JAC3862便
  15. 奄美大島16:30発→鹿児島17:30 JAC3732便
  16. 鹿児島19:45発→羽田21:25着 JAL0654便

2日間かけてこれだけの便に搭乗します。文字を打ち込むだけで疲れた…。

スポンサーリンク

「修行」のコスト的にはお得?

ツアー代金は137,800円でした。1フライトあたり8,612円となります。宿泊がついていて、夕食などに使えるクーポン2000円分がつき、朝食もつくのでお得感があります。

メリットは?

  • 分刻みでみっちりフライトを盛り込んでくれているので効率的
  • 普段お得な路線とはいえない島々に行くことができる(奄美周辺の島々は先得価格ではほとんど発売していないため、個人で航空券を買う場合は割高になってしまいます)
  • 搭乗回数は多いが、フライト時間がごく短いのでその点はラク
  • 南の島の雰囲気に癒される!島やさんご礁の広がる海を常に眺めることができる
  • キャビンアテンダントさんがツアー参加者に妙に優しい(笑)

どんな人が参加している?

添乗員さんやガイドさんがつくようなツアーではないので、ツアーの参加者を把握しづらいのですが、2,3回フライトを経ると、同じ動きをしている参加者の皆さんがあぶり出されてきます(笑)20~50歳代の男性がほとんどで、女性は私を含めて2名でした。

皆さん修行を今年から始めた人ばかりなのかと思いきや、1/3程度はマイレージ会員の一番上のランク「ダイヤモンド」(条件は1年に100搭乗!)や「プレミア」を継続するために参加されている方でした。

そういう方は完全にこのエリアに詳し~く、美味しい黒砂糖や珍しいジュース、アイスクリームを教えてくださり感謝しきりでした。

疲れない?面白い?

疲れるけど、面白い!私は南の島といえば沖縄、石垣島に行った程度だったので奄美周辺の離島はノーマークでした。島々におりたって、空港周辺をプラプラするだけでも大変癒されました。離島への便は基本的にプロペラ機なので飛行高度が低く、海の中のさんご礁も大変きれいに見え、本当に清々しい気持ちになりました!

何でJALはこんな奇怪?なツアーを企画している?

6月はシーズンオフ。純粋な観光客の皆さんはほとんどいなかったような…。乗客の1/3が業者の方(ライフラインや建築関係のメンテナンスの方が多かったです)、残り1/3が観光ビジネスの方、残りがアイランドホッピングツアーの参加者でした。

おそらく、離島便は採算が取り難い路線なのでしょう。しかし、JALは離島の方々のために定期運航便を飛ばす社会的役割を果たさねばならず、この路線をキープしなければなりません。そのためにシーズンオフにも満席に近くまでお客さんに乗ってもらわねばならない…。そこで「とにかくどこでもお得に飛行機に乗りたい」という修行僧との利害関係が一致したのでしょう(笑)というわけで、今後もこのツアーは引き続き定期的に設定されることと思われます。

2日目の午後にはさすがに疲れが出始め、南の島の太陽にやられボーっとしてしまいましたが、超絶的に風光明媚な土地で飛行機にひたすら乗るという特別な体験ができ、一生忘れられない思い出となりました。詳細な旅行記はこちらからどうぞ!↓

4travel.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です