【JAL修行(を兼ねて)】冬の奄美大島 ハートロックへのアクセスも

f:id:maple719:20161204190329j:plain

初冬の奄美地方は過ごしやすい時期ということで、2016年11月、父と一緒に行ってきました。

雨天曇天の合間に晴れ間が少々…という感じでお天気がイマイチだったのですが、悪天候なりに工夫して楽しめ、大満足で帰ってきました。

フライトの概要

11/9 羽田12:10→奄美大島14:35 JAL659

11/11  奄美大島15:25→羽田17:15 JAL658

JAL修行通算38、39フライト目となります。

 1日目

羽田12:10→奄美大島14:35 JAL659

78歳の父との旅行のため、大きなスーツケースに二人分の荷物をまとめました。荷物はカウンターで預けます。先日JMB(JALマイレージクラブ)のステイタスが「クリスタル」になり、クラスJ利用時にJGCカウンターが使えるようになりました。普通のカウンターが行列していたため、助かりました。

搭乗口はずいぶん端っこの3番。奄美大島までの直行便は一日一往復のため、満席に近い搭乗率でした。フライト中は向かって左側(窓際Kの席のほう)の席からすばらしく美しく富士山が見えていました。

うっかり右側(窓際Aの席のほう)に座席をとってしまったのですが、反対側のご夫婦が親切で、窓を覗かせてくれました(父はちゃっかり写真まで撮られてもらった…)。東方向に向かうときは、やはり左側の席のほうが面白そうですね。

そうこうしているうちに、2時間半ほどで奄美空港に到着。手荷物を受け取ります。クリスタルになってから、すぐに手荷物が出てくるようになって、こちらも助かります。10個目くらいに出てきました。

 奄美レンタカーは車種お任せ格安プランがあります

今回は「奄美レンタカー」でレンタカーを予約しておきました。マイクロバスにのって、営業所へ。

今回のレンタカーは楽天トラベルで予約しておいたのですが、旧式の小型車利用の「お任せプラン」でなんと6800円(今回の旅3日間のうち、1日目午後から3日目午後まで目一杯使用)。どんなボロいクルマか…と心配はしていましたが、何も問題のない、運転しやすい日産マーチでした(入った瞬間若干タバコ臭がしましたが、お掃除&消臭はきちんとしてくれていました)。

f:id:maple719:20161203205405j:plain

こんな感じのキュートなお車…。

「ホテルカレッタ」にチェックイン

まずは父もお疲れと思いますので、ホテルに向かいます。

f:id:maple719:20161203205629j:plain

お宿は空港から20分ほどの龍郷町にある「ホテルカレッタ」。駐車場は砂利敷きですが、広々していて無料。入り口のすぐそばに置けるので、ラクでした。

f:id:maple719:20161203210245j:plain

やぎさんもウエルカムしてくれました!チェックイン時には夕日がきれいみ見えるポイントなどを教えていただき、従業員さんはフレンドリーな印象でした。

f:id:maple719:20161203210445j:plain

お部屋は広々。エアコンは家庭用のような使い方のできるビーバーエアコンで、風向きなどが細かく調節でき、とても便利でした。

f:id:maple719:20161203210536j:plain

窓からはプールと海が臨めます。とても美しい!唯一の欠点は大浴場がなく、ユニット式のお風呂が部屋にあるだけ、という点。シャワーの水勢も弱いときがある…。今回はお風呂にはこだわらなかったので、まあ良しとします。

お風呂のシャンプー、コンディショナー、ボディソープはDHCの業務用(ポンプ式のボトルにはいっているもの)で、なかなか使いごこちがよかったです。

寝巻きとして…なんというか、パジャマの上の丈を長くしたワンピース的なものがありましたが、こちらも着心地が良かったです。

蒲生崎公園、笠利崎灯台で夕日を堪能

一息ついたので、近場をクルマで流してきます。夕日がみれたらいいな…。(この日の天気は曇りでしたので、見れるかどうかは微妙でした)

まずは、北上して蒲生崎という岬に行ってみます。「蒲生崎観光公園」の標識がみえたので、そこから入ると…こんな道…。あれ…間違っているのでしょうか?!これでは対向車とのすれ違いができない…しかも左側は断崖絶壁で若干怖い…。それでも道はこれしかないので、勇気をだして進みます。

f:id:maple719:20161203211513j:plainf:id:maple719:20161203211824j:plain

体感として15分くらい(けっこう長い)、こんな道を進んだらようやく蒲生崎の展望台への入り口(右上写真)と駐車場がありました。ホッ…。 そこから更に5~10分ほど歩きます。ひなびた感じの蒲生崎神社などもあって、少しオカルトチックな雰囲気…。そして、展望台が見えてきました。

f:id:maple719:20161203212042j:plain

ここからの景色は本当~~に美しく…

f:id:maple719:20161203212248j:plainf:id:maple719:20161203212344j:plain

少しですが、夕日らしきものが見えてよかった…なんだか神々しかったです。たどり着くまでに細い道を通るのが難点ですが、ここは絶景スポットです!(ちなみに、平日の夕方だからかもしれませんが、私たち以外誰もいませんでした)

f:id:maple719:20161203212655j:plainf:id:maple719:20161203212956j:plain

日没までもう少し時間があるので、もう少し先にいってみます。蒲生崎から空港方面に向かう途中にの「笠利崎灯台」に向かいます。

途中、ソテツが群生しています。灯台のふもとには「夢をかなえるカメさん」なるオブジェが。触ると夢がかなうそうです。せっかくなので撫でておきました。

f:id:maple719:20161203213132j:plain

こ~んな景色をウットリ長めていたら夫から「トランプ氏当選確実!」のLINEが。ビックリしすぎて、呆然としてしまった…。だんだん日も暮れてきたもで、ホテルに戻って夕食を頂くことにします。

ホテルの夕食 1日目は和食です

f:id:maple719:20161204132416j:plain

夕食のレストランは広々していています。父と一緒なので、早めの時間だったせいか、3組くらいしかいませんでした。

f:id:maple719:20161204132544j:plain

↑お品書き。2泊する場合、基本的に一日目は和食、二日目は洋食です。

f:id:maple719:20161204132644j:plainf:id:maple719:20161204132706j:plain

f:id:maple719:20161204132757j:plainf:id:maple719:20161204132828j:plain

f:id:maple719:20161204132907j:plain

撮影し忘れましたが、デザートのわらび餅の前に炊き込みご飯とパパイヤのお漬物がでました。高級ホテルではないので、特に期待していなかったのですが(失礼)予想以上に美味しくて、地元のものもたっぷり使われていて、サービスも丁寧で、とっても満足しました!

 2日目

翌日のお天気は…小雨。うーん。でもレストランからの眺めにびっくり。昨晩は暗くて、こんなに景色がよいということに気づきませんでした。

f:id:maple719:20161204135210j:plainf:id:maple719:20161204135504j:plain

朝食の様子は後ほど書きます。(2日目の朝にばっちり撮影しました)とりあえずこんな感じのビュッフェの朝食を頂いて出かけます。

雨天の場合は是非「奄美海洋展示館」へ!

…雨がだんだん強く降ってきましたので、屋内でも楽しめそうな場所に行きます。どなたかのブログでオススメしてくれていた、奄美海洋展示館に行きます。

f:id:maple719:20161204135714j:plainf:id:maple719:20161204140039j:plain

ホテルのある龍郷町から一時間ちょっと。空港からは一時間半くらいでしょうか。海水浴で有名な、大浜海浜公園のちょっと先にあります。ここで絶対やりたいこと、それは…海がめさんとのふれあい!

海がめを飼育している大きな水槽には、こんな風に人が寄って行ける岩場があり、直接えさをあげることができるのです!(係りのおばちゃんから餌のレタスをもらえます)

この日はとっても空いていたので、係りのおばちゃん、甲羅のマッサージ(甲羅を棒でこするとカメは嬉しいらしい)をはじめたり、かめを抱っこさせてくれたり、大サービスでした!ありがとうございました。

f:id:maple719:20161204140613j:plain

手前の大浜は、やっぱり素晴らしい眺め。ちょっと雨がやんできました。

マングローブの森から南下

お次は南下して住用町マングローブの森によります。

f:id:maple719:20161204140825j:plain

…が、雨が強くなってきたので、トイレ休憩のみ。マングローブの森を散策するには基本的にこちらの建物で、アクティビティの申込みをして、船で森を巡ります。関西の中学生がこの雨の中参加されていたようで、ドロドロになっておりました。でも楽しそうで何より。

この先の道からも、少しマングローブの森をのぞめましたので、それで満足してさらに南下し、せとうち海の駅を目指します。

1時間くらい走って、海の駅到着。建物の前が、熱帯魚の池になっていました。クマノミなどが悠々と泳いでいる姿に観光客はみな見入っていました。

f:id:maple719:20161204141441j:plainf:id:maple719:20161204141259j:plain

ランチはせとうち海の駅でお刺身定食がオススメ

せとうち海の駅は一階がお土産屋さん、2階はレストランになっています。こちらでランチを頂きました。

f:id:maple719:20161204141738j:plain

やっぱり海鮮モノは地のものだけあっておいしかったです。地元の方々もたくさん来ていました。そうこうしているうちに雨がやんできましたので周辺を散歩してみました。

f:id:maple719:20161204141929j:plainf:id:maple719:20161204142220j:plain

人懐っこいネコちゃん!しばし遊んで、向かいにあるAコープでパパイヤのお漬物や地元の健康飲料「みき」などを買い物しました。味は…甘酒から酒っぽさを抜いた感じ。2,3日経つと酸味が出てきます。最初はうーんどうかな?と思いましたが、飲んでいるうちに美味しく感じてきました。朝食をとる時間がないときに良さそう。

ヤドリ浜海岸は奄美イチの美しさです

さて、次はせとうち海の駅から近場の浜に行ってみることにします。途中、海老の養殖場がいくつかありました。

f:id:maple719:20161204142723j:plain

こちらの左脇をずーーと進むと…

f:id:maple719:20161204142910j:plainf:id:maple719:20161204143137j:plain

ヤドリ浜!奄美に数ある浜辺のなかでも、一、二の美しさだとか。 曇っていたので写真うつりがイマイチですが、実物は10倍は美しかったです。きれいなサンゴや貝殻を夢中で捜してしまいました~。

さて、奄美大島の南端まできたので、寄り道しながらホテルに戻ることにします。

f:id:maple719:20161204150109j:plainf:id:maple719:20161204150144j:plain

国道58号線から県道85号線に入り、山道を延々と進みます。随所に海が開けた絶景ポイントがあり、駐車スペースも完備されていて、なかなか楽しい道でした。クロウサギさんもいるらしい…。

f:id:maple719:20161204150240j:plain

穴場です、アランガチの滝

県道85号線を走っていると「アランガチの滝」という小さな看板をみつけたので、行ってみることみします。

f:id:maple719:20161204150634j:plainf:id:maple719:20161204150748j:plain

う~ん…人っ子一人居ない村に入ってきてしまいましたが…こんなところに滝はあるのでしょうか?観光客用?に駐車スペースとトイレがあるので、滝…ここらへんかな?この建物を背に、みかん畑を左手にして川沿いを進んでいくと…

f:id:maple719:20161204150951j:plain

突然こんな立派な滝が!左脇に水路があります。お腹の強さには自信があるので自己責任で飲んでみました。…明らかに美味しい。あとでガイドブックで調べると、「開運の水」として隠れた人気なんだそうです。その後は海沿いの県道79号線をずーっとまっすぐ戻ります。

f:id:maple719:20161204151514j:plainf:id:maple719:20161204151606j:plain

この県道にも、随所に景色のよいスポットがあり、駐車できるように整備されています。

円かばんばなトンネルも夕日の名所です

f:id:maple719:20161204151730j:plainf:id:maple719:20161204151816j:plain

こちらは「円」という場所にある、通称「円かがんばなトンネル」。ちょっと見にくいですが、奥の岩に丸い穴が開いていて、春分秋分の前後数日間にはちょうど夕日が岩の穴に入るそうです。

なお…夕方は、中心地の名瀬あたりから上下線とも渋滞がはじまります。あっという間にどっぷり日が暮れ、ホテルまでの道のりずっと渋滞で少しヘバりました。

しかも、渋滞中のノロノロ運転中でもほぼすべての対向車のヘッドライトが上向きなので、運転しづらかった…。が、街灯が少ないので、警察がこう指導されているのか思われます。父もお疲れモードなので、夕食はホテル帰着後すぐに用意して頂きました。

ホテルの夕食 2日目は洋食です

本日は洋食コースです。

f:id:maple719:20161204152235j:plainf:id:maple719:20161204153153j:plain

f:id:maple719:20161204153234j:plainf:id:maple719:20161204153301j:plain

予定されていたじゃが芋を切らしてしまったので、安納芋のポタージュだそう。濃厚で激ウマでした。

f:id:maple719:20161204153438j:plain

デザートを撮影しわすれましたが、本日も大満足でした!

f:id:maple719:20161204154006j:plain

夜間のお部屋からの眺めもすごく美しいわ~。プールの左側がレストランです。この日は疲れたので、トットと就寝。泥のように眠りました。

3日目

最終日になってようやく晴れました。やっぱり南の島は晴れているとウキウキします。この日のレストランからの眺め。昨日より格段に美しい…。

f:id:maple719:20161204154226j:plain

f:id:maple719:20161204154444j:plainf:id:maple719:20161204154654j:plainf:id:maple719:20161204154737j:plain

朝食ビュッフェ、大変気に入ったので沢山写真をUPしておきます。パンは焼きたてでした。

f:id:maple719:20161204155329j:plainf:id:maple719:20161204154907j:plain

このカレー美味しかった…。この日は金曜日。昨日は閑散としていましたが、この日はツアーのおじさまおばさま達、女子旅?らしきお姉さん方などなどで、けっこう賑わっていました。

ハートロックを目指します!

ホテルをチェックアウトして、観光にでかけます。まずは今回の旅のお目当てスポットだった「ハートロック」を目指します。ま、ハート型のきれいな潮溜まりで、なんでもパワースポットなんだとか。

ただ、場所がわかりにくい。住所があるわけじゃないし…。先達のブログの皆様の記事を参考にしながら向かいます。

まずはこちら、それいゆファーム/Healty Island Cafeさん(龍郷町赤尾木1346-1)に向かいます。ナビにお店は登録されていませんでしたが、住所を入れたら写真の場所に来ることができました。

f:id:maple719:20161204155454j:plainf:id:maple719:20161204160920j:plain

県道85線からは、左上の写真の右から入ってきます。道路わきに駐車できるスペースがあるので、そこに駐車しました。(左手は学校)車を停車したところから10mほど戻ると

f:id:maple719:20161204161057j:plain

こんな看板があります。ここがハートロックのある浜(ビラビーチというエリアだそうです)への入り口です。

f:id:maple719:20161204161318j:plain

浜に出るまでの道はこんな感じ…。地元の横浜では聞いたことがないような鳥の鳴き声、クワズイモの群生に南国を感じます。3分くらいで浜に出ます。

f:id:maple719:20161204161459j:plain

浜に出ました!帰り、道がわからなくなってしまいそうなので、流木など何か目印を置いておくことをオススメします…。

そして海を前にして浜を右へと進みます。岩場が出始めますので、その岩場がはじまるいちばん手前側あたりに…発見しました!

f:id:maple719:20161204161917j:plainf:id:maple719:20161204161956j:plain

ちょっと見にくいですが、熱帯魚が泳いでいました。ここは浜も大変美しく、きれいなサンゴと貝とがたくさんありました。

隙間時間に最適 ビック2とフルフラガーデン

次は、気になっていたスーパー「ビッグ2」でお土産を探します。県道82号線から国道58号線に入り、龍郷町方面に戻ります。奄美物産センターを過ぎると、道路からも嫌でも目に入るのですぐわかると思います。

f:id:maple719:20161204162641j:plain

本当はここに蝶を飼育している「フルフラガーデン」(スーパーの建物に向って左に入口があります)の蝶ハウスに行ってみたかったのですが…公式HPをみると、蝶ハウスに限り10月から3月までは休園とのこと。(この日は11月11日)

f:id:maple719:20161204163648j:plain

…父が「いや~蝶の写真とりたかったんだよね~」と残念がっていたので、一応入り口をのぞいてみると…普通に営業している!!

ガーデンのお手入れをしているお姉さんに「は、入ってもいいですか?」と聞くと、当たり前でしょ?という感じで「どうぞどうぞ!」というので入場料200円を払い、入場。さっそく蝶々さんがヒラヒラ~

f:id:maple719:20161204163857j:plainf:id:maple719:20161204163950j:plain

オオゴマダラというこの地方の固有種だそうです。人工的に羽化もしています。

シーズン中はたくさんの蝶々がいるとのことですが、11月でも歩いているとたくさんの蝶々が寄ってきて(かなり人馴れしている)ファンタジーな感じでした。

f:id:maple719:20161204164259j:plain

フルフラガーデン内には南国特有の草花がたくさん。もっと時間をかけて見たかったです。

ビック2店内には奄美大島の特産を集めたお土産コーナーがあり、適正価格でお土産を調達できます。

f:id:maple719:20161204185416j:plain

フードコートもあり、ブルーシールのアイスを食べました。それでは帰りの飛行機の時間も迫ってきましたので、最後の観光地に向かいます。

あやまる岬 空港からいちばん近い絶景ポイント

f:id:maple719:20161204185554j:plainf:id:maple719:20161204185808j:plain

空港から10分ほどのところにある絶景ポイント、あやまる岬です。 駐車場は「あやまる岬」と、あやまる岬に向かう少し手前の道を左に入って下ったところにある「あやまる観光公園」、それぞれにあります。

あやまる岬も素晴らしいですが、あやまる観光公園に駐車して、展望台から臨む景色のほうが雄大でした!

f:id:maple719:20161204190258j:plainf:id:maple719:20161204190329j:plain

展望台に向かう道とあやまる観光公園展望台からの絶景です。さんご礁の海が青い!

さて、観光はここまで。空港に向かいます。

奄美大島15:25→羽田17:15 JAL658

名物の鶏飯を食べようかと思いましたが、父がカレーを食べたいというので、さくっと空港2階のジョイフルで。

f:id:maple719:20161204190525j:plainf:id:maple719:20161204190616j:plain

基本的に修行は一人で行っていましたが、家族を連れて行ってあげると、修行への理解が深まるはずです。高齢一人暮らしの父はなかなか一人で旅行に出掛けられないため、こちらが引くほど喜んでいました(笑)私もとっても楽しかったです。

そんなわけで、悪天候を挟みながらも奄美大島を満喫しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です